糸井商事株式会社は総合リサイクルの会社です。

代表者メッセージ

ご挨拶

糸井商事のホームページにようこそ。
閲覧いただきまして有難うございます。
 当社は昭和21年製鋼原料・非鉄スクラップの取扱業者として創業。その後、鉄筋を中心とする鋼材販売が始まりました。これら原料・鋼材両部門は当社の二本柱です。
 原料部門からは解体工事・産業廃棄物処理・廃プラスチック・古紙原料等、鋼材部門からは鉄筋工事が派生し、現在は中心的な業務となっています。新たに機密文書の裁断処理業務を始めました。
 当社業務の根幹となるキーワードはリサイクルです。例として鉄筋を取り上げますと、当社が販売した鉄筋で施工された建物を何十年後に当社の子又は孫の世代が解体し、その鉄筋を当社がスクラップとして取扱い更に鋼材に生まれ変わる。そんなロマンを感じられる会社です。
 ロマンを現実のものにする為に、当社の中心的な業務は頑なに地道に取り組み、新たに中心になる業務はお客様と時代のニーズに合わせて柔軟に取り入れ、当社を取り巻く環境の変化に対応し、関係者の皆様の御支持を頂き続け、企業の継続を維持して行く所存です。
 既に当社を御存知の方にも、初めてこのホームページで当社の事をお知りの方にも、皆様のお役に立てる事を心待ちにしておりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

経営理念

顧客と時代のニーズを追い求め続けます。
 時代のニーズとは何でしょうか。多様化する価値観、情報の洪水、政治から経済まであらゆる分野において再構築が迫られている現代社会では、そのニーズもまた、複雑に絡み合っているのではないでしょうか。しかし、そのひとつひとつを根気よく選り分けていくならば、一過性のニーズと普遍的なニーズとが見えてくるはずです。私たちは多様なニーズを時には満たし時には先取したサービスを提供するために努力を惜しみません。とりわけ、刻々と変化する社会情勢とシンクロしていくお客様のニーズを素早くキャッチしたいと考えます。また、これが一方的な努力に終わらないようにお客様と絶えずよい関係を結んでいきたいと願っております。
会社の繁栄、社員の幸福、地域社会への貢献を三位一体で推し進めます。
 会社の繁栄は無論、企業存続の大前提ですが、社員の幸福や地域社会への貢献もその根源は一つであると考えます。人生の時間の多くを費やす職場は、金銭だけでは計れない価値を見出す場であってほしいと。会社が自己完結型の繁栄に満足してはならないと。現代社会において企業を計る物差しは確実に変化しています。つまり限られた資源を有効活用し、自然との共存を意識した総合的な体質を育てているかということです。地域への貢献はこれを考慮に入れずには果たすことはできないでしょう。私たちは地域の信頼を勝ち得、その存在価値を認められ、求められ、支持されるあり方こそが、繁栄を約束してくれると信じ、今後の事業展開を図っていきます。

PAGE TOP